メルカリで断捨離! 初心者でも不要品を早く高く売るコツ4選!

メルカリで断捨離! 初心者でも不要品を早く高く売るコツ4選!

スポンサーリンク

こんにちは、nacouです!
断捨離と副業を兼ねて、いらないものをメルカリでコツコツ売っていたのですが、始めてから2週間もかからずに売上金額が¥20,000を達成しました!
というわけで、初心者ながら意識したこと4つを、みなさんにシェアしたいと思います!

ちなみにIPOでのメルカリの結果はこちら↓

メルカリetc... IPO抽選ラッシュ! 結果は…?
こんにちは、nacouです!今週はIPOの抽選ラッシュでしたね。今回はIPOの抽選結果について報告したいと思います!では、どうぞ!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓はい...全敗です...言...

初心者でも不要物を早く高く売るコツ4選!

商品情報は詳細に、不利な情報も正直に載せよう!

商品を出品する際には商品情報を記入する必要があります。
購入を判断するときの重要な情報になり、ここが売れる・売れないの分かれ目といっても過言ではないので、詳細にかつ明確に記載しましょう!

何を書けばいいかわからない人もいるかと思います。
個人的に必ず載せている情報は、

    1. 型番(商品番号)
    2. 使用年数
    3. キズや汚れの有無

の3つです。

型番がわかれば、購入者もそれでネット検索してさまざまな情報を得ることができますので、こちらの説明負担が減ります。

使用年数、キズや汚れの有無についてはごまかさずに正直に記載しましょう。
後述しますが、メルカリには評価システムがありますので、変に良く見せてごまかしても低評価にされ、最悪の場合トラブルの原因にもなってしまいます。

商品情報は詳細に、かつ不利な情報も正直に載せることを心掛けましょう!

高価なものは後回し、まずは実績づくり!


また、メルカリは販売手数料に加え、売上金を自分の口座に振り込むときに、1万円未満だと手数料210円がかかります。
そうすると、初心者は最初のうちに家電やブランド品などの高価なものを売って1万円以上の売上げを確保しようとしてしまいます。

しかし、メルカリには評価システムがあります。
これは、商品を受け取ったときに出品者と購入者がお互いに3段階で評価することで、安全な取引を担保するシステムです。
購入者は商品を購入する際に、出品者の評価を考慮し、商品の情報の信憑性を判断することになります。

評価がないうちに、高価な商品を出品し細かい情報を載せても、購入者側からしたら信憑性が低くリスキーな取引になってしますので、購入を見送ることになります。

スポンサーリンク

なので、最初のうちは古本やCDなどの安くて手軽なものから販売し、評価が高まってきてから、高価なものを出品するようにしましょう!

‘高く売る’という意識を捨てる

身も蓋もないことをいいますが、’高く売る’という意識を捨てましょう!

購入者側は実物を見ておらず、商品情報のみで判断しなければならないので、出品者が適正価格と思って出品したとしても、購入者は高く感じてしまいがちです。

ましてや、儲けようと高値で出品すれば、間違いなく売れ残るでしょう。

大事なことは出品することではなく、購入してもらうことなので、価格は気持ち低めで出品することをおすすめします。

値引き交渉には応じない

購入してもらうことが大事である一方で、売却することを意識し、相手の値引き交渉に応じることはおすすめしません。

メルカリのいいところは、ヤフオクなどのオークションと違って、価格決定権が購入者側にあることです。
このメリットを捨てるようなことはやめましょう。

また、出品者とのコメントは取引完了後も残ってしまいます。
一度でも値引き交渉に応じてしまいますと、過去の取引をみて’この人なら値切れる’と印象付けてしまいますので、気を付けましょう。

もし売れなければこちらのペースで値下げ、または売れる時間帯に再出品しましょう。

まとめ

取引で大事なのは、信用です!
急がば回れではないですが、着実に実績を固めていくことが、高価な品をなるべく早く高く売るための近道だと思います。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

役に立ったと思っていただけたら、各種SNSでシェアをお願いします!

スポンサーリンク

その他カテゴリの最新記事