「やたらとお金が貯まる人の習慣」 内容・感想まとめ マネーリテラシーを基礎から学びたい人におすすめ!

「やたらとお金が貯まる人の習慣」 内容・感想まとめ マネーリテラシーを基礎から学びたい人におすすめ!

スポンサーリンク

こんにちは、nacouです!

今回は、「やたらとお金が貯まる人の習慣」という本について、要旨や感想をまとめたいと思います!

書籍概要

タイトル
やたらとお金が貯まる人の習慣:「何があっても、だいじょうぶ」な人生のために

著者(経歴)
本田健

神戸生まれ。

経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。
4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタートする。

「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。そのユーモアあふれるセミナーには、世界中から受講生が駆けつけている。大人気のインターネットラジオ「本田健の人生相談~Dear Ken~」は2800万ダウンロードを記録。世界的なベストセラー作家とジョイントセミナーを企画、八ヶ岳で研修センターを運営するなど、自分がワクワクすることを常に追いかけている。

2014年からは、世界を舞台に講演、英語での本の執筆をスタートさせている。
著書は、『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』(大和書房刊)『きっと、よくなる!』(サンマーク出版)、『大好きなことをやって生きよう!』(フォレスト出版)など130冊以上、累計発行部数は700万部を突破している。
※以下省略
引用:本田健 公式サイト

出版社
三笠書房

出版年
2016年7月6日

価格
637円(税込)

読もうと思った動機

本田健さんの最新著書「大富豪からの手紙」を読んで感動し、ほかの本も読みたいと思いました。

こんにちは、nacouです!今回は、「大富豪からの手紙」という本について、内容や感想をまとめたいと思います!本の情報タイトル 大富豪からの手紙著者 本田健神戸生ま...

マネー系の本がないか探してみたところ、この本を見つけたので読んでみました。

内容

「お金の不安」から自由になる

作者は「お金を稼ぐ」という発想から抜け出すことを提案しています。
普通の人は、収入が増えれば増えるほど、それに見合う生活をしようとするため支出も同じく増え、結果的に残るお金はわずかになってしまうそうです。
なので、まずは考え方や習慣を変えて、「お金の不安」から脱却をすることが重要と述べています。
そして、「お金が貯まる人」になるための方法は4つしかないと主張しています。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. お金を守る
  4. お金に働いてもらう

収入を増やす

収入を増やすには、圧倒的な成果にこだわらなければならないと主張しています。
なぜなら、「与えたもの=受け取るもの」というルールがあるからです。
また、収入源を複数持とうと提案しています。
会社勤めの場合、副業禁止のところも多いですが、それでも身の回りのいらないものを中古で売ることができます。
制約がある中でも、アイデア次第で収入はどんどん増えていくと述べています。
※収入源の確保については、「寝ながら稼ぐ121の方法」という本が参考になります。

支出を減らす

収入の減らし方については、「お金の使い方」を「幸せのモノサシ」にしないことを意識することが重要と述べています。
普通の人は収入が増えるにつれて、支出も無自覚に増えていきますが、本当のお金持ちは意外と質素な暮らしをしているひとが多いとのことです。
支出を減らす具体的方法として、生活コストを見直し、ランクを下げた生活をすることを挙げています。
そうすれば、お金が貯まっていき不安が解消され、また安くていいものを見抜く力を養えます。
「必要なお金」というのは意外と少ないものです。

スポンサーリンク

お金を守る

作者は、一生使わない貯金通帳・預金口座をつくることを提案しています。
なぜなら、お金を余分にもってしまうと変に浪費してしまうからです。
これは、多くのお金持ちが実践していることのようです。
そして、お金を貯める「目的」をきちんと決まることです。
その目標に向かって無駄遣いせず、溜まっていくお金をしっかり守ることが重要と述べています。

お金に働いてもらう

最後に、「世の中の仕組み」を利用して、お金を増やさなければならないと述べています。
その方法が、投資です。
「働かなくても入ってくるお金」を生み出すことで、お金から自由になれまるとしています。
また、投資というのは株式や不動産だけでなく、人脈も含まれるとしています。
人脈を作ることで、さまざまなアドバイスを受けることができ、より収入を増やすことができます。
自分のために「ひと肌脱いでくれる人」がいれば、困ったときに助けてくれるでしょう。

感想

今までは収入を増やすことに専念していましたが、支出を減らすことにはあまり気がいっていませんでした。
お金の使い過ぎなところもあるので、きちんと見直して、質素な生活を取り入れてみたいと思います。
’ミニマリズム’という言葉があるので、そういった本も読んでみたいと思います。
参考になる本があればぜひ紹介してください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

役に立ったと思っていただけたら、各種SNSでシェアをお願いします!

スポンサーリンク

マネー本カテゴリの最新記事