投資信託とは? メリット・デメリットを簡単に解説!

投資信託とは? メリット・デメリットを簡単に解説!

スポンサーリンク

こんにちは、nacouです!
今回は、投資信託について説明したいと思います!

投資信託とは?

投資信託とは、投資家から集めたお金をもとに、運用の専門家(ファンドマネジャー)が株や債券などの複数の商品に投資・運用する金融商品のことです。

ファンドマネジャーの運用によって得られた収益は、投資家に還元され、利益を得ることができます。

一言でいうと、ファンドマネージャーに、資金の運用(投資)を任せて(信託)、利益が得られる商品を、投資信託といいます。

投資信託のメリット

少額から投資が可能

株式投資は、約10万円からとまとまったお金が必要なものが多いのに対し、投資信託では最低100円から投資を始めることができます!

運用のプロ(ファンドマネジャー)が運用

プロのファンドマネージャーに運用を任せるので、経済の知識やテクニックが必要ありません!

分散投資でリスクを軽減!

1つの銘柄だけに集中して投資していた場合、企業倒産や株価が値下がりすると、その影響をそのままに受けてしまい大きな損失を負う可能性があります。

しかし、投資信託によって複数の銘柄に資金を分けて投資をすることで値下がりなどの様々なリスクを、分散、軽減することができます。

投資のことわざにこのようなものがあります。

卵は一つのカゴに盛るな
卵を一つのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合には、全部の卵が割れてしまうかもしれないが、複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落としカゴの卵が割れて駄目になったとしても、他のカゴの卵は影響を受けずにすむということ。

特定の商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に投資を行い、リスクを分散させた方がよいという教え(=銘柄分散投資)。
引用:野村證券

個人では投資しにくい国や資産に、投資が可能!

国内外の株式、不動産、債券など様々な資産を組み込んだ投資信託が多くあります。
また、個人では投資が困難な発展途上国の株式や債券などを組み入れた商品も多くあります。

スポンサーリンク

投資信託のデメリット

手数料がかかる

投資信託は、運用のプロに任せて“投資”を行うため、それに対する手数料を支払う必要があります。

・販売手数料:投資信託を購入する際に必要な手数料
・信託報酬 :投資信託の運用にかかる費用

購入手数料が無料の投資信託(ノーロード投資信託)があったり、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などの指数に連動する「インデックス型投資信託」というものは手数料が低いので、そういった商品を選ぶようにしましょう!

元本割れを起こす可能性がある

投資信託は、株価や為替の下落の影響で、運用実績が上がらず購入時よりも値下がりした場合、購入額よりも売却額が下回る可能性があります。

デメリットを抑えるために

こういった投資信託のデメリットを抑える方法として、投信積立があります。
また、一度だけ積立設定すれば、あとは放置で自動投資ができるので、面倒くさがり屋の方にはオススメです!

まとめ

初めて投資に挑戦する人にとってはピッタリの投資商品です!

メリット・デメリットをきちんと理解して、投資に挑戦してみましょう!

投資信託を始めるなら、「投信積立」という投資方法でさらにリスクを抑えられます!

こんにちは、nacouです!今回は、投信積立について簡単に解説したいと思います!投信積立とは投信積立とは、株式や債券などの金融商品を組み入れた投資信託(投信)を、...

オススメの投資信託はコチラ↓

こんにちは、nacouです!今回は、私が実際に投資している20代おすすめの投資信託5本と、手間をかけたくない人向けの投資信託1本を紹介します!参考記事私は、国内株式...

初めて証券口座を開設するなら「SBI証券」がおすすめです!



私もメイン口座として利用していますので、一緒に投資を始めてみませんか?

こんにちは、nacouです!今回は、SBI証券について紹介したいと思います。私が初めて口座開設した証券会社で、今でもメインで利用しています。※投資信託5本を積立投...

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、各種SNSでシェアをお願いします!

スポンサーリンク

投資・資産運用カテゴリの最新記事