投資を始めるなら必須! NISAについてわかりやすく解説!

投資を始めるなら必須! NISAについてわかりやすく解説!

スポンサーリンク

こんにちは、nacouです!
今回は、NISAについて簡単に解説していきます!

聞いたことはあるけど詳しくはわからないっていう人が多いと思いますが、投資の利益が非課税になるという超優遇制度なので、投資を始めるかたはぜひNISA投資にチャレンジしてみましょう!

NISAとは

株式や投資信託などに投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
しかし、NISAは「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です!

NISAの特徴

株式や投資信託の売却益や配当が非課税!

NISAの最大の特徴は、NISA口座で購入した株式や投資信託などの金融商品の配当金、譲渡益等が非課税になることです!

5年間、NISA口座で年間120万円の範囲内で購入した金融商品から得た利益(配当金、譲渡益等)に税金がかかりません。

非課税機関が終了した場合も繰越が可能!

非課税期間が終了した後は、保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバーする)ことができます。

ロールオーバー可能な金額に上限はなく、金融商品の合計評価額が120万円を超えている場合も、そのすべてを翌年の非課税投資枠に移すことができます。

画像:金融庁HP

注意点もあり!

メリットの多いNISAですが、注意しなければならない点もあります!

スポンサーリンク

・NISA口座は1人1口座のみ開設。
※ただし開設する金融機関は1年単位で変更可能。

・現在保有している株式や投資信託をNISA口座に移すことは不可。

・NISAで取引した損益は、他の口座(一般口座や特定口座)と損益通算ができず、
損失を翌年以降に繰り越しすることもできません。

・NISAの非課税期間内に銘柄が値下がりし、その後、他の口座(一般口座や
特定口座)に移し、値上がりした場合、当初の購入価格と売却価格からみると、
損失が出ている状況にもかかわらず、課税対象となります。

保有できる金融商品

NISAで取引できる金融商品は、株式投資信託、国内・海外上場株式、国内・海外ETF、ETN(上場投資証券)、国内・海外REIT、新株予約権付社債(ワラント債)です。

画像:金融庁HP

まとめ

注意すべき点がありますが、売却益などが非課税になる制度はものすごく魅力的な制度です!

ちなみに、私はNISA口座で高配当株を保有して、課税されることなく配当金を受け取っています!

同じような制度に、「つみたてNISA」というものがあり、どちらか1つを選択して運用することになります。

制度の特徴を比較して、自分の投資スタイルにあったほうを選びましょう!

NISA口座を開設するなら、手数料無料の「SBI証券」がオススメです!

こんにちは、nacouです!今回は、SBI証券について紹介したいと思います。私が初めて口座開設した証券会社で、今でもメインで利用しています。※投資信託5本を積立投...

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

役に立ったと思っていただけたら、各種SNSでシェアをお願いします!

スポンサーリンク

投資・資産運用カテゴリの最新記事