つみたてNISAについて解説! 一般NISAとの違いも比較します!

つみたてNISAについて解説! 一般NISAとの違いも比較します!

スポンサーリンク

こんにちは、nacouです!

今回は、つみたてNISAについて解説します!

普通のNISAとは若干の違いがあり、どちらかをを選択して運用していくことになります。
違いを理解して、自分の投資スタイルにあったほうを選びましょう!

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度で、2018年1月から開始しました。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されています。
投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

つみたてNISAの特徴

非課税投資額は毎年40万円

毎年の非課税投資額は40万円に設定されています。

各年で購入した投資信託等の配当金や値上がりしたときの譲渡益は非課税となります。

少額投資を目的としているため、非課税投資額は一般NISAと比べて、低く設定されています

非課税期間は20年間

非課税期間は最長20年間です。

その名のとおり、積立投資を目的としているため、長期間に設定されています。

合計投資金額は800万円(40万円×20年間)となり、一般NISAの600万円(120万円×5年間)と比べて大きくなります。

長期にわたってコツコツと投資したい人にとっては、つみたてNISAのほうが有利になります!

投資対象商品は一部の投資信託等のみ

投資対象となるのは、金融庁が定めた基準をクリアした投資信託・ETFのみになります。

選択肢が限られてデメリットに思えるかもしれませんが、購入手数料が無料(ノーロード)で、信託報酬が一定水準以下などと、長期積立投資にあう商品が厳選されています。

何を選んでいいかわからない初心者にとっては、始めやすい環境になっています!

一般NISAとの比較表

一般NISA つみたてNISA
非課税となる期間 最長5年間

スポンサーリンク

※ロールオーバー利用で最大10年間

最長20年間

※ロールオーバー不可

年間非課税投資額 120万円 40万円
累計非課税投資額 600万円 800万円
投資対象商品 上場株式(ETF、REIT含む)、投資信託 金融庁が定めた基準をクリアした投資信託・ETF
投資方法 一括買付、積立 定期かつ継続的方法による積立のみ
引き出し いつでも引き出せる
損益通算・繰越控除 できない
金融機関の変更 年単位であれば可能

一般NISAが上場株式の短期売買や高配当株の保有に適しているのに対し、つみたてNISAは投資信託の長期積立投資に向いています。

また、つみたてNISAは投資対象商品が限られているため、初心者向きとも言えます。

まとめ

それぞれの制度には一長一短がありますので、きちんと理解したうえで選びましょう!

ちなみに、私はつみたてNISAではなく一般NISAを開設しています。
理由は、高配当の株式を一般NISAで保有したいからです!

自分の投資スタイルにあった口座で運用してみましょう!

一般NISA・つみたてNISAを開設するなら、「SBI証券」がオススメです!


私もメイン口座として利用していますので、一緒に投資を始めてみませんか?

こんにちは、nacouです!今回は、SBI証券について紹介したいと思います。私が初めて口座開設した証券会社で、今でもメインで利用しています。※投資信託5本を積立投...

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、各種SNSでシェアをお願いします!

スポンサーリンク

投資・資産運用カテゴリの最新記事