iDeCoについてわかりやすく解説! メリット・デメリットを理解しよう!

iDeCoについてわかりやすく解説! メリット・デメリットを理解しよう!

スポンサーリンク

こんにちは、nacouです!

今回は「iDeCo」についてわかりやすく解説します!

あまり聞きなじみのない言葉ですが、資産運用をする上では知っておくべき制度なので、きちんと理解しましょう!

iDeCoとは?

iDeCoの概要

iDeCoの正式名称は「個人型確定拠出年金」といい、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。

この制度への加入は任意で、ご自分で申し込み、ご自分で掛金を拠出し、自らが運用方法を選び、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受けることができます。
また、掛金、運用益、そして給付を受け取る時には、税制上の優遇措置が講じられています。

国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための資産形成方法のひとつとして活用することができます。

iDeCoの仕組み

iDeCoは、自分が拠出した掛金を、自分で選んだ金融商品(元本確保型商品や投資信託など)で運用し、資産形成を図る年金制度です。
掛金を60歳になるまで拠出し、60歳以降に老齢給付金を受け取ることができます。

画像:iDeCo公式サイト

20歳から加入可能

基本的に20歳以上60歳未満の全ての人が加入することができます。
コチラのサイトで、加入資格を簡単に診断することができます。
加入資格かんたん診断

拠出金額は月額5,000円から

月額5,000円からはじめることができ、それ以上積み立てたい場合は1,000円単位で上乗せできます。
下表のとおり加入者のご職業等によって上限金額が定められています。

職業 上限金額(月額)
公務員 1万2000円
会社員(企業年金あり) 1万2000円

2万円(企業型年金がない場合)

会社員(企業年金なし) 2万3000円
専業主婦(夫) 2万3000円
自営業 6万8000円

運用商品は自分で選ぶ

運営管理機関が選定する運用商品の中から、自由に組み合わせて運用することになります。

運用するに当たっては、許容するリスクのレベル感や目標利回りなどを定めたうえで、運用商品を選びましょう。

定期的に運用状況の確認を行い、必要に応じて運用商品の変更を行うことを心がけましょう。

受取り方法は3通り

iDeCoの年金資産は、老齢給付金として原則、60歳から受け取ることが出来ます。

受取方法は次の3つから選びます。

1 一時金として一括で受け取る
受給権が発生する年齢(原則60歳)になると、70歳になるまでの間に、一時金として一括で受け取れます。

2 年金として受け取る
受給権が発生する年齢(原則60歳)に到達したら、5年以上20年以下の期間で、運営管理機関が定める方法で支給されます。

3一時金と年金を組み合わせて受け取る
運営管理機関によっては、受給権が発生する年齢に到達した時点で一部の年金資産を一時金で受け取り、残りの年金資産を年金で受け取ることができます。

iDeCoのメリット

税制上で大きな優遇

掛金が所得税等から全額控除

確定拠出年金の掛金は、全額「小規模企業共済等掛金控除」の対象となります。
課税所得額から差し引かれることで所得税(10%)・住民税(10%)が軽減されます。

確定拠出年金制度内での運用益が非課税

金融商品の運用益は課税(源泉分離課税20.315%)対象となりますが、確定拠出年金内の運用商品の運用益については、非課税扱いとされています。

スポンサーリンク

受給時に所得控除を受けられる

受給年齢に到達して確定拠出年金を一時金で受給する場合は「退職所得控除」、年金で受給する場合は「公的年金等控除」の対象となります。

転職時も引き継ぎ可能

iDeCoの年金資産は、転職・離職した際にも、移換の手続きをとることで、持ち運び(ポータビリティ)することができます。
また、必要な要件を満たす場合は、他の年金制度(厚生年金基金、確定給付企業年金等)からの資産を引き継ぐこともできます。

iDeCoのデメリット

途中で引き出せない

iDeCoはあくまで年金なので。積み立てた資産は原則60歳まで引き出すことはできません。

教育資金や住宅購入といった60歳以前の「現役世代」の間に発生することが予想される大きな支出を伴うライフイベントには、引き出しや解約が可能なNISAの制度をうまく活用する必要があります。

iDeCoに拠出するときは、必ず老後資金で運用するようにしましょう!

手数料がかかる

iDeCoには、制度に加入する時に支払う手数料と、毎月支払う口座管理手数料という2つの手数料が発生します。
とくに口座管理手数料は毎月発生するコストですから、より安い金融機関を選ぶ必要があります。

iDeCoの始め方

金融機関選びと専用口座開設の準備をする

個人型の確定拠出年金に加入するには、まず、取り扱っている金融機関(運営管理機関といいます)を自分で選んで専用の口座を開設する必要があります。

運営管理機関を選ぶ際の主なポイントは、「希望する商品(株式、債券など)を取り扱っているか」と「手数料は安いか」の2点です。

運用商品を選ぼう!

運用商品ごとに、その仕組み、特徴、リスクとリターンの関係などは異なります。
運用商品の仕組みや特徴などをよく理解したうえで、自分に合った商品を選びましょう。

運用商品は大きく2種類に分けることができます。

1 元本確保型商品
原則として、元本が確保されている運用商品のことで、所定の利息が上乗せされます。代表的な商品に、定期預金や保険商品があります。

2. 投資信託
投資信託は、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。
集めた資金をどのような投資対象に投資するかについては、投資信託ごとの運用方針に基づいて、専門家が行います。

投資信託について学びたい人はコチラ!

こんにちは、nacouです!今回は、投資信託について説明したいと思います!投資信託とは?投資信託とは、投資家から集めたお金をもとに、運用の専門家(ファンドマネジャ...

金融機関に書類を提出する

金融機関から入手した「加入申出書」に記入・押印し、必要な書類を添付して、金融機関に提出してください。

また、会社員や公務員などの厚生年金の被保険者は、申込みにあたってお勤め先の事業主に証明書を記入いただく必要があります。

具体的な手続きについては、各金融機関にお問い合わせください。

まとめ

iDeCoは長期投資による運用益のほか、税制上のメリットも受けることができます。

老後の資産形成を目指して、早くから取り組むことをオススメします!

本サイトでは「SBI証券」を強くオススメしています!


私もメイン口座として利用していますので、一緒に投資を始めてみませんか?

こんにちは、nacouです!今回は、SBI証券について紹介したいと思います。私が初めて口座開設した証券会社で、今でもメインで利用しています。※投資信託5本を積立投...

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、各種SNSでシェアをお願いします!

スポンサーリンク

未分類カテゴリの最新記事